So-net無料ブログ作成
地球生命紀行 ブログトップ

サメ & 海の支配者たち [地球生命紀行]

IMGP9264.JPG


エポック社のカプセルコレクション、「サメ & 海の支配者たち」のネコザメです。これはは2010年9月にリリースされたものなんですが、リリース当初は入手することができませんでした。しかし最近になって(蔵出しなのか売れ残りなのか)運良く見つけることができたので、こうして入手することができました♪

ラインナップはタイトルの通りサメが4種、海のヒエラルキーで上位に位置するクジラ2種、そしてエポック社のカプセルではお馴染みな(何度目のリリースなのかわかりませんが)オニイトマキエイ1種で全7種となっています。ホオジロザメが欲しくて回しましたが、出たのはオニイトマキエイ×2(何個目のオニイトマキエイ入手だろう・・・orz)とジンベイザメ、シュモクザメにこのネコザメでした。残念ながらホオジロザメはゲットできませんでしたが、好きなネコザメがゲットできたので良しとします(笑)

ネコザメは日本近海に生息するサメで、水族館なんかでもお馴染みですよね。目の上が出っ張っていて、これが猫の耳に見えるということでこの名が付いたんだそうです。かわいい顔つきで好きなサメなんですよね。エポック社のネコザメは結構小さめなサイズなんですが、ちゃんと背びれの棘(2つの背びれの白い部分)がしっかり造形されていて、なかなかリアルな出来です。眠そうに見える目もうまく再現されていて気に入りました。あとはホオジロザメも入手したいところだったんですが、暫くしたら売り切れてしまい結局入手できませんでした・・・。まぁ、エポック社のことなので、また別のシリーズで同じ金型のホオジロザメが出そうなので、そのときに入手できればいいかな。

http://epoch.jp/rc/capsule/2010/main/m09/img11.html
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

サメ&日本近海の生き物たちストラップ [地球生命紀行]

IMGP9006.JPG


エポック社のカプセルコレクション、「サメ&日本近海の生き物たちストラップ」のクロウミガメです。エポック社の海洋ストラップの第3弾です。

これはこれまでリリースされた海洋フィギュアにストラップをつけたシリーズの第3弾ということで、ラインナップはどれも過去に見たことがある物ばかりです。ホオジロザメとクロマグロ狙いで回したんですが、出たのはこのクロウミガメでした。クロウミガメは日本で見られることはほとんどないそうですが、沖縄美ら海水族館など幾つかの施設で飼育されているそうです。アオウミガメの亜種または同族別種ということで、過去に出たアオウミガメの金型流用でしょうか。造形や質感はまずまずなんですが、甲羅と体が同色というのが魅力を半減しています。好きなウミガメがゲットできたのは嬉しいものの、もうちょっと彩色に力を注いで欲しかったですね。

http://epoch.jp/rc/capsule/2011/main/m04/img08.html
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

マグロ & シーラカンス & 海の支配者たち ストラップ [地球生命紀行]

IMGP7582.JPG


エポック社のカプセルコレクション、「マグロ & シーラカンス & 海の支配者たち ストラップ」のシーラカンスです。エポック社の海洋ストラップの第2弾が発売されました。

昨年リリースされた「マグロ&水族館の人気者 ストラップ」と同様に、これまでリリースされた海洋フィギュアにストラップをつけたシリーズということで、今回のラインナップは「サメ & 海の支配者たち」から5種とマグロにシーラカンスを加えた全7種となっています。「サメ & 海の支配者たち」はベンダー機でまったく見かけることが無かったので、そのリベンジということでサメ狙いだったんですが、2回まわしてシーラカンスとシュモクザメがゲットできました。このシーラカンスは恐らく昔にリリースされたものの流用でしょうか。造形はややもっさりしていて、彩色もちょっとおざなりな感じですね。タイトルにもなっているシーラカンスなので、もうちょっとがんばって作って欲しかったなぁ。

http://epoch.jp/rc/capsule/2010/main/m12/img07.html
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

マグロ&水族館の人気者 ストラップ [地球生命紀行]

IMGP5378.JPG


エポック社のカプセルコレクション、「マグロ&水族館の人気者 ストラップ」のゴマフアザラシです。エポック社から海洋フィギュアのストラップがリリースされました。

エポック社もユージン(タカラトミーアーツ)に倣って似たような企画を始めましたね。過去に出した原型を流用してストラップにするという、アイデア勝負というより安易すぎる商品展開はどうかと思いますが、私はエポック社の海洋フィギュアをあまり積極的に集めていないので、試しに2回ほどまわしてみたところ、オニイトマキエイとゴマちゃんが出ました。それにしてもオニイトマキエイってこれで何度目のリリースなんでしょう?エポック社のカプセルトイはそんなに集めていないはずなのに、これで3個目の入手です(笑)

ゴマフアザラシはその名の通りゴマ模様が特徴なんですが、子供の頃は白いんですよね。漫画「少年アシベ」でもお馴染みのゴマちゃんゲットでちょっと嬉しいです。造形・彩色はやや大味ですが、かわいらしさはうまく出ていると思います。本当はタイトルのマグロが欲しかったところですが、ゴマちゃんのかわいらしさに免じて許します。タカラトミーアーツからは原色カメ目図鑑の根付けも出るようで、しばらく各社から安易な企画が乱発されるのかな・・・

http://epoch.jp/rc/capsule/2010/main/m06/img03.html
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

「アリ」〜素晴らしきミクロの世界〜 [地球生命紀行]

IMGP2321.JPG


エポック社のカプセルコレクション、「アリ」〜素晴らしきミクロの世界〜のオオクロアリB(働きアリ)&幼カマキリ頭です。なんとアリのカプセルフィギュアがエポック社の地球生命紀行シリーズでリリースされました。

エポック社の地球生命紀行シリーズは何度か購入したことがあるんですが、各シリーズを回す度に、何度も原型を流用しているオニイトマキエイやマンボウが出てがっかりしちゃうんですよね。なのでこのブログで紹介する気分になれなかったんですが、今回はこれまでアリそうで無かった「アリ」ですよ。よく企画が通ったなと感心しますね。2回まわして女王アリと働きアリが出ました。造型はなかなか良く、彩色も黒一色ではなくドライブラシ風に彩色されていてリアルさが増しています。この角度からはよく分からないかもしれませんが、カマキリの頭も良くできていて、アリにくわえさせることができます。このクロオオアリはそこらへんでよく見かけるアリではありますが、こうしてじっくり見ることなんか無いので、アリの構造がどうなっているか、注意深く観察することができるのが何より楽しいですね。地球生命紀行シリーズはこの調子で身近な動物、昆虫を今後もリリースして欲しいですね。

http://epoch.jp/rc/capsule/2009/main/m10/img01.html
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター
地球生命紀行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。