So-net無料ブログ作成
検索選択
ホラー映画 ブログトップ

特撮リボルテック No.014 ジェイソン [ホラー映画]

IMGP6332.JPG


海洋堂、特撮リボルテック No.014 ジェイソンです。何と特撮リボルテックはホラー映画までバリエーションを広げてきました。トイストーリーのウッディとジェイソンが同じシリーズのフィギュアとはとても思えませんね(笑)

ジェイソンは言わずと知れたホラー映画の一大ブランド、「13日の金曜日」の主役です。「フレディVSジェイソン」を加えれば、シリーズとしてはこれまでに12作も公開されており、記念となる13作目も製作が予定されているそうです。ジェイソンといえばこのホッケーマスクですが、実はこのスタイルが確立したのはPART3からというのは意外な話ですね。第1作目はある意味サイコホラー的要素があったものの、続編が製作される度にスプラッター要素が強調され、後半はジェイソンのあまりの不死身さ、不条理さにコメディとしても観ることができるぐらいになってしまいました。それがいいのか悪いのかは好みの問題だと思いますが、このリボルテックのジェイソンはまだ少しは人間っぽさが残っていたPART4の「完結編」がベースでしょうか。本編を無視して、頭に斧を打ち込まれても平然と襲ってくるポーズにしてみました。

今回のジェイソンはとにかくオプションパーツが豊富で、ジェイソンに持たせることができる武器はナタやオノ、ノコギリなど7種も付属しています。圧巻は生首をつかんだオプションハンドですね。倫理的にどうなのかと思ってしまいますが、それがジェイソンだから許される絵面になるんだろうと思うことにします。このジェイソンはキャラ的にあまり可動に期待できないのかなと思っていましたが、さすがリボルテック、かなり可動の自由度が高いです。足の可動範囲は狭いんですが、上着はソフト素材のため可動の邪魔をせず、腰の入ったポーズが可能です。ホッケーマスクが脱着可能なのもプレイバリューを高めていて嬉しいですね。サイズ的に極魂よりちょっと大きいくらいなのも飾りやすくていい感じです。リボルテックでジェイソンが出せるなら、マイケル・マイヤーズ(ハロウィン)やレザーフェイス(悪魔のいけにえ)、バブ(死霊のえじき)にアッシュ(死霊のはらわた)なんかの商品化にも期待したいですね。

http://tokusatsurevoltech.com/series014/
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター
ホラー映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。