So-net無料ブログ作成
マーベル ブログトップ

チョコエッグ マーベルユニバース [マーベル]

IMGP3892.JPG


フルタの食玩、「チョコエッグ マーベルユニバース」のスパイダーマンです。映画「アメイジング・スパイダーマン」や「アベンジャーズ」が公開され好評なマーベルコミックのキャラクター達がチョコエッグで登場しました。そういえば昔ケロッグのおまけでDCコミックのフラッシュなどが付いていましたね。今回のチョコエッグはそれと似た感覚になりました。

ラインナップは11種+バージョン違い2種+シークレット1種で、全身モデルや胸像風などバラエティ豊かとなっています。ラインナップ中スパイダーマンが3種もあり、高確率でゲットできるかなと期待しつつ2個買ってみたところ、スパイダーマンとファンタスティック・フォーのシング(ムッシュムラムラ!)が出ました。狙い通り♪

で、このスパイダーマンですが、なぜか石に腰掛けているという良く分からないポージングでの商品化です。原作にあるのかな?バンダイから出た「超造形魂 スパイダーマン3」とは似ているようで似ていませんね。スパイダーマンが欲しかったのでゲットできてラッキーなんですが、造形的にはイマイチですね。ほぼ成形色のままで安っぽさもあり、期待していただけにちょっと残念です。あと、まだまだ暑い日が続いているので、チョコが溶けて開封しにくいのがちょっと辛いですね。開封する前に冷蔵庫で固めるかな(笑)

まぁ、チョコエッグではいままでにないキャラということで、物珍しさもあって概ね満足ではあります。今回のラインナップはマーベルコミックの主要キャラがほぼ網羅されていますが、ファンタスティック・フォーはシング(ムッシュムラムラ!)だけと中途半端な印象もあるので、できれば第2弾、第3弾と続けて欲しいですね。

http://www.furuta.co.jp/cyuumoku/201208chocoegg.html
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

特撮リボルテック No.039 スパイダーマン [マーベル]

IMGP3621.JPG


海洋堂、特撮リボルテック No.039 スパイダーマンです。特撮リボルテックで待望のスパイダーマンが発売されました!売り切れる前に発売日に購入しました!

私としては昭和ギャオス以来の特リボ購入です。特リボはいつからか定価が3000円を超えてしまい、手を出しにくいアイテムになっちゃったんですが、スパイダーマンなら話は別です。これは「100メートル先に落ちた針の音をも聴き取る男、スパイダーマッ!」の東映スパイダーマンではなく、サム・ライミ監督による映画「スパイダーマン3」のスパイダーマンです。同じマーベルキャラの特リボのアイアンマンより小さいんですが、スーツの青い部分はメッシュ状のモールドが施されており、かなりいい質感です。彩色もとても良く、肘のリボ球は赤と青のツートンとなっているのも凝りまくっていますね。股関節はアイアンマンと似ていますが、パンツ部が軟質素材のためパーツが干渉せず可動範囲はかなり広いです。リボルテックってことで自由自在なポージングが出来るのが何より嬉しいですね。

IMGP3642.JPG


リボルテックのスパイダーマンにはビルの壁をイメージした台座も付属し、ジョイントを使って壁にへばりつけさせることも出来ちゃいます。スパイダーウェブも短いものと長いものが2種付属し、ディスプレイの幅が広がるのがいいですね。同時にリリースされたリボルテックタケヤの目玉親父も魅力的だったんですが、特撮好きな私としてはやはりスパイダーマンを買わずにはいられませんでした。ピーターの顔パーツが付属すれば最高だったんですが、これはブラック・スパイダーマンの発売を期待し、そこでオプションとして付属されるのを祈りたいと思います。

http://tokusatsurevoltech.com/series039/
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

アメイジング スパイダーマン フィギュアストラップ [マーベル]

IMGP3236.JPG


タカラトミーアーツのガチャ、「アメイジング スパイダーマン フィギュアストラップ」のスパイダーマンハンドです。タカラトミーアーツからスパイダーマンのストラップフィギュアがリリースされました。

ラインナップは全6種で、スパイダーマン5種(全身3種にフェイスとハンド)にリザードとなっています。1/2の確率でスパイダーマンの全身フィギュアが出るだろうと思い1回まわしたんですが、出たのはスパイダーマンの手です・・・。スミ入れされていて凝ってはいるものの、これが200円というのは正直納得いきませんね(笑)

「アメイジング スパイダーマン」は今週末から公開されるスパイダーマンの映画で、「死霊のはらわた」でお馴染みサム・ライミが監督した3作の続きではなく、物語がリセットされピーター・パーカーが蜘蛛に噛まれるところから始まるようです。できればサム・ライミ版第4作が観たかったところですが、今回は3Dで撮影されているということで、迫力ある映像が楽しめそうですね。でも、脈略なくスパイダーストリングスを画面に向かって飛ばすようなことが無ければいいけど・・・。

スパイダーマンは8月に特撮リボルテックでリリースが予定されており、また今月末から始まるマーベルのベアブリックくじでもベアブリックのスパイダーマンが出るようで、今後もスパイダーマングッズのリリースが続くのが嬉しいですね。でも一発目がスパイダーマンの手というのは幸先が悪いです。全身フィギュアが出るまでもう少しチャレンジしようかな。

IMGP3246.JPG


http://www.takaratomy-arts.co.jp/items/item.html?n=Y996146
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

KUBRICK IRON MAN 2 [マーベル]

IMGP8091.JPG


メディコム・トイ、「KUBRICK IRON MAN 2」のIRON MAN MARK VI です。特撮リボルテックのアイアンマンをかなり気に入った私は、KUBRICKのアイアンマンを入手しちゃいました。

これは「KUBRICK IRON MAN」の第2弾というわけではなく、映画「アイアンマン2」が題材ということでこのタイトルになっています。ラインナップはアイアンマンのマーク4〜6を含む全6種+シークレット1種で、高確率でアイアンマンがゲットできるだろうとふみ、1個買ってみたところ見事マーク6をゲットすることが出来ました。このマーク6はアソート率が25%ということで、1BOX24個中6個も入っているので入手しやすいのが嬉しいですね。

このアイアンマンはずんぐりむっくりな体型ですが、マッチョなイメージを損なわずにうまくダウンサイジングしていますね。BE@RBRICKでもアイアンマンが出ていましたが、KUBRICK版は造形も細かくて満足な出来です。肩のパーツが干渉して手の可動域に制限がありますが、グリグリ動かして楽しむ類のフィギュアではないので問題ありません。最近のKUBRICKはブラインド形式の販売でも単価が高いのでホイホイ買えないんですが、少ない投資で目的のものが入手できてラッキーでした。次は映画公開予定のキャプテンアメリカあたりが商品化されますかね。
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

特撮リボルテック No.024 アイアンマン [マーベル]

IMGP8023.JPG


海洋堂、特撮リボルテック No.024 アイアンマンです。毎月2アイテムリリースされてきた特撮リボルテックですが、今月はこのアイアンマンのみリリースとなりました。

アイアンマンはマーベルコミックに登場するヒーローで、2008年に映画化され現在パート2まで公開されています。実は私は1も2もまだ観ておらず、この間TVで放映されたのもビデオに録画しっぱなしだったりしますが、リボルテック版アイアンマンは骸骨剣士のように「あっ」という間に売れてしまうんじゃないかという思いがあったので、発売日に購入することにしました。会社帰りに量販店に寄ったんですが、私が着いた頃にはもう残り3個じゃないですか。(先月発売されたガイガンとプレデターはまだ山のように積まれていて、ちょっと不憫でした・・・)あまり吟味することが出来ませんでしたが、なんとか無事入手することができて良かったです♪

このアイアンマンは劇場版「アイアンマン2」に登場したマーク6で、胸のリアクターが逆三角形となっています。メタリックな赤と金の彩色が綺麗で、とにかくカッチョイイですね。股関節部にはリボ球が使われていませんが、かなり自由なポージングが可能な構造となっています。造形全体のバランスも良く、力強いシルエットにしびれますね。手首や肩の4mmリボ球が小さすぎて、可動やパーツ交換の際に壊しそうでちょっと怖いんですが、リボ球が目立たない構造なのがとにかく素晴らしいです。遊びすぎると塗装が剥げそうですが、リボルテックはグリグリいじって遊ぶのがなにより楽しいので、あまり気にせずいじり倒そうと思います。アイアンマンのマーク4はフィギュア王誌上限定販売のようですが、同じマーベルヒーローのスパイダーマンの商品化にも期待したいですね。

http://tokusatsurevoltech.com/series024/
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

スパイダーマン3 KUBRICK [マーベル]

左がメディコムトイ、スパイダーマン3 KUBRICKのSPIDERMANです。映画「スパイダーマン3」のKUBRICKが発売されました。

映画のスパイダーマンシリーズは監督がサム・ライミってことで3作とも観ました。サム・ライミといえば「死霊のはらわた」シリーズが最高に好きで、主演のブルース・キャンベルはスパイダーマンシリーズにも必ず顔を出していますね。スパイダーマン3ではレストランのマネージャ役でエキセントリックな演技が傑作でした。で、右のスパイダーマンのKUBRICKは昔買ったもので詳細を憶えておらず、確かマーベルコミック版だと思うんですが、今回発売された左の映画版は顔の蜘蛛の巣が浮き彫りになっていて、なかなかリアルでいいですね。ちょっと高いので1個しか買えませんでしたが、スパイダーマンは1BOX24個中7個は入っている計算なので、高確率でゲットできたのが助かりました。シークレットがピーター・パーカーってのもそそるんですが、ゲットするのはしんどそうなので諦めるかな。

で、映画本編は来年に第4弾が予定されているようですね。なんと6弾まで予定されているっていうから驚きです。ついでに東映版スパイダーマンもリメイクしないかなぁ。


超造形魂 スパイダーマン3 [マーベル]

バンダイ、超造形魂 スパイダーマン3のブラック・スパイダーマンです。超造形魂シリーズのスパイダーマン第3弾ではなく、映画「スパイダーマン3」を題材にしたということですね。

今回はノーマルのスパイダーマン狙いで3個買い、立ちスパイダーマン、立ちヴェノムとブラック・スパイダーマンという好成績で満足です。映画は未見ですが、このブラック・スパイダーマンはポスターにもなった有名なシーンが元になっていそうですね。小さいながら造形もよく非常に渋いんですが、モノトーンのせいでなんだかハズレ臭が漂っているような錯覚が。でもノーマルのスパイダーマンも押さえることが出来たので、ちょっと変わったスパイダーマンもアリですね。


スパイダーマン アクション・ヴィネット・フィギュア [マーベル]

オーガニック、というか海洋堂、「スパイダーマン アクション・ヴィネット・フィギュア」のスパイダーマン・エイリアンコスチュームとヴェノムです。山口可動でぐりぐり動きます。

とりあえず重いのと軽いのを選んだらこうなりました。本当は普通のスパイダーマンが欲しかったので、また軽いのを買ってみようかな。スパイダーマン・エイリアンコスチュームの方はWEBの先が磁石がついているので、そこらへんに貼付けることができて楽しいですね。

スパイダーマンの映画第3弾は今年あたり公開ですかね。とりあえず画像だけは公開されていました。
http://www.sonypictures.com/movies/spiderman3/site/


スパイダーマン フィギュアストラップ [マーベル]

Asahi ワンダ SHOT & SHOTに付いてくる、スパイダーマンフィギュアストラップです。毎日1缶ずつ飲んで6種集まりました。缶コーヒーのキャンペーンはうれしいですね。

しかし、なぜワンダで今スパイダーマンなのか不思議です。映画の公開とも関係ないし、Asahi ワンダのWEBサイトでも告知している訳でもなく、付いてくる紙には「おかげさまで1周年!」と書かれていたりしますが、それとスパイダーマンとどんな関係が?

まぁ、アメリカのも日本のもスパイダーマンは好きなので(というか、日本のスパイダーマンで育ったクチですな)こーいうキャンペーンはありがたいですね。ガシャポンのマーベルコミックシリーズも、どーいうわけかスパイダーマンだけ出なくて歯がゆい思いをしているので、どれを買ってもスパイダーマンという安心感がナイスですね。しかも何が入っているかわかるし。

ただ何を言えば、亜鉛合金のプレートが激しく邪魔です。これがないとワンダとの関連性が無くなってしまいますが、これが邪魔で気持ちよくぶら下げられないですね・・・


マーベル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。